フラワーコーディネート

いつまでも記憶に残るシーン演出の名わき役

新郎新婦のブーケとブートニア、
ご両親へ贈呈の花束、
会場や卓上を飾る装花。
そして祝福のフラワーシャワー。

ウエディングにはたくさんの花が使われ、
フラワーコーディネートはセレモニーの印象をガラリと変えるほど、
大きな役割を担っています。

ロマンチックな花物語を大切にしたアレンジメント

新郎の胸元に飾るブートニアは、花嫁が持つブーケと同じ花で作ります。

その昔ヨーロッパでは、男性は野の花を花束にして女性に手渡しプロポーズしました。
女性はOKの印に、花束の一輪を男性の胸に飾って返事をしたと言われます。
これがブーケとブートニアの由来。

この物語を大切にして、全てのお花をアレンジメントしています。

かぐわしい花々の祝福を浴びて、この日一番美しく輝く

ブーケは花嫁の美しさを際立たせる、花の女神からの贈り物。
会場を飾るたくさんの装花も、お二人が一番美しく輝くためのオマージュです。

マリエールではご衣裳選びと同時にスタイリストやコーディネーターが、
ブーケや装花についてもご案内。
ご衣裳、会場とのコーディネートも万全です。